開催概要

第15回日本病理学会カンファレンス

テーマ

「腫瘍の源流をみてみたい」

代表者

第15回日本病理学会カンファレンス
世話人森井 英一(大阪大学大学院医学系研究科 病態病理学・病理診断科)

会期

平成30年8月3日(金)・4日(土)

会場

名鉄犬山ホテル(名鉄犬山遊園駅から徒歩8分)
〒484-0082 愛知県犬山市犬山北古券107-1 TEL:0568-61-2211

本会の目的と意義

本会は日本病理学会会員、特に若手会員が、臨床家から先端生命科学までの研究者と、十分な討議と交流を行う場を提供するために、開催しています。開催テーマは、原則として診断病理に偏らず、少なくない病理学会員が従事している学術研究に関するものとし、基礎から臨床を縦断するようなテーマを掲げて開催し、多数の会員が数年に1度は参加意欲を抱けるようなプログラム選定を目指しています。より多くの若手病理医の参加を通して、新たな研究分野の開拓や研究水準の向上に寄与できることを期待しています。

開催計画の概略

招請講演(一部は仮題です)

オルガノイドが与える疾患病理学への洞察
佐藤俊朗/慶應義塾大学
ハダカデバネズミのがん化耐性・老化耐性の分子機構
三浦恭子/熊本大学
細胞競合による上皮の恒常性維持とがん制御
井垣達吏/京都大学
がんの不均一性とそれに伴うがんクローン進化
谷内田真一/大阪大学
幹細胞マーカーTRA-PODXL1と悪性腫瘍との関り~tumor development or tumor progression?
近藤英作/新潟大学
バイオマテリアルで癌の起源に迫る
田中伸哉/北海道大学
がん幹細胞と免疫システム:免疫系はがん幹細胞を識別できるか?
鳥越俊彦/札幌医科大学
腫瘍幹細胞が潜むニッチと低酸素ストレス
池田栄二/山口大学
リプログラミング技術を応用したがんエピゲノム研究
山田泰広/東京大学
変遷する腫瘍の源
森井英一/大阪大学

一般演題(ポスター発表)

 

事務局連絡先

第15回日本病理学会カンファレンス事務局 大阪大学大学院医学系研究科 病態病理学・病理診断科
担当:犬伏
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2TEL:06-6879-3711FAX:06-6879-3719